frid

東北大学

 
鳥類コミュニケーションシグナルの解析から理解する言語の生成と認知の脳内機構

研究者名

研究概要

「ことば」が脳内で作られ・理解される機構は、未だその多くが理解されていないフロンティア領域です。

本研究では「さえずり」と呼ばれる音声シーケンスを使って同種個体とコミュニケーションを取得する鳥類が音声コミュニケーションシグナルを認識する神経機構を明らかにすることを通じ、言語の生成と認知の脳内機構の生物学的基盤を明らかにします。

この目的のため、ヴァーチャルリアリティー技術を用いて鳥類ジュウシマツのコミュニケーションシグナルを収集し、それをテキスト翻訳した「さえずり」コーパスを作成し、自然言語処理および理論言語学の知見を適用しそれを解析します。

得られた知見を基に、人工的なコミュニケーションシグナルを合成し、行動解析と脳内イメージングによりジュウシマツがそれをどのように認識するのか、また、社会相互作用によって使われるシグナルがどのように変化・変遷するのかを明らかにします。

 

研究成果

【2021年度】