研究内容

持続可能な社会の実現に向けた技術評価

二酸化炭素正味排出ゼロの世界の実現のためには、再生可能エネルギーを使用し、植物資源、排気ガス、廃プラスチックなどを原料とする生産体系を構築する必要があると考えられます。

そこで、ライフサイクル思考に基づく技術評価の一つとして、ライフサイクル評価(LCA)が重要な役割を果たすことが期待されています。これは、持続可能な社会の実現に向けた技術開発事業が多く行われているなかで、二酸化炭素正味排出ゼロなどの非従来型の目的に対して、それらの事業がどの程度貢献しうるのかを確認するために使われています。各技術分野でLCAは提案時、モニタリング、ステージゲートなど様々な場面で用いられるようになっています。

本研究室では、プロセスシミュレーションや技術選択モデルの数理定式化を使って、炭素循環社会の実現に向けた技術要件を演繹的に導出し、技術を効率的に育てるためのLCAやその他技術評価の活用手法を構築することを目指しています。

主な研究テーマ